メラビアンの法則

メラビアンの法則を知れば、対人関係の壁も乗り越えられる

スポンサードリンク

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが1971年に提唱しました。

 

「7−38−55のルール」「3Vの法則」とも呼ばれます。

 

人の第一印象は、瞬間的に判断されます。

 

その判断の割合は、外見(Visual)が55パーセント、話し方(Vocal)で38パーセント、話しの内容(Verbal)は7パーセントです。

 

そして、相手を受け入れる前に4つの壁が存在し、これは対人関係の壁とも呼ばれています。

 

 

第1の壁 外見(表情や、髪型、服装など)

 

真っ先に判断されるのが外見です。「ボロは着てても心は錦」という言葉もありますが、いくら人間性がよくても初対面だと相手に受け入れてもらうのは困難になります。

 

 

第2の壁 態度(立ち方、椅子の座り方など)

 

例えば、猫背でトボトボと歩いているビジネスマンからは、全く覇気が感じられません。

 

逆に背筋を伸ばして颯爽と歩くビジネスマンは、それだけでも仕事ができるように見えます。

 

 

第3の壁 話し方(声の大きさ、言葉づかいなど)

 

初対面にも関わらず、言葉づかいが悪いのは問題外です。

 

人によっては、2度とあってくれなくなる可能性もあります。

 

 

第4の壁 話しの内容(話しの構成など)

 

自分よがりの内容になっていませんか?

 

内容はきちんと伝わっているでしょうか。

 

つまり、人は相手と話しをする前に、相手を判断してしまうのです。(2017年1月6日更新)

 

スポンサードリンク