メラビアンの法則

メラビアンの法則を知れば、対人関係の壁も乗り越えられる

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが1971年に提唱しました。

 

「7−38−55のルール」や「3Vの法則」とも呼ばれます。

 

人の第一印象は、瞬間的に判断されます。

 

その判断の割合は…

 

・外見(Visual) ⇒ 55パーセント

 

・話し方(Vocal) ⇒ 38パーセント

 

・話しの内容(Verbal) ⇒ 7パーセント

 

これら3つ(外見、話し方、話しの内容)の3つの要素について、くわしくご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

外見(Visual) ⇒ 視覚から得られる情報

見た目で判断できる情報全てが「外見」に該当します。

 

例えば、あなたの目の前に誰かがいたとしますよね。

 

すると、その人の身長や体格だけでなく、顔の表情や目線、来ている服装などが、外見から判断できる情報です。

 

態度や仕草などのボディーランゲージも含まれます。

 

外見や話の内容を用いたコミュニケーションは「非言語コミュニケーション」もしくは「ノンバーバルコミュニケーション」とも呼ばれています。

 

話し方(Vocal) ⇒ 言語から得られる情報

話し手が口にしている言葉そのものの意味が「話し方」に該当します。

 

言葉を使ったコミュニケーションは、「言語コミュニケーション」もしくは「バーバル・コミュニケーション」と呼ばれています。

 

話しの内容(Verbal) ⇒ 聴覚から得られる情報

話し手の声の大きさやトーン、話すテンポや口調などが該当します。

 

言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション

先ほど、コミュニケーションには2つの種類があることをお伝えしました。

 

「言語コミュニケーション」と「非言語コミュニケーション」です。

 

これら2つのコミュニケーションについて、分かり易く説明します。

 

言語コミュニケーションとは一体何のこと?

言語コミュニケーションを簡単に説明すると、「言葉」を用いたコミュニケーションのことです。

 

私たちが日常的に行っているLINEやメールなども、この言語コミュニケーションにあたります。

 

言語コミュニケーションの特徴は、文法が確立していること。

 

そのため、シンプルに相手にメッセージを伝えることができます。

 

ですが、非言語コミュニケーションと比べると相手に伝えられる情報量が圧倒的に少なくなります。

 

言葉だけでは、相手に思いをなかなか伝えられないというのもそのためです。

 

スポンサーリンク

 

非言語コミュニケーションとは一体何のこと?

非言語コミュニケーションは、外見や話の内容から得られる情報をもとに行われるコミュニケーションのことです。

 

メラビアンの法則では、非言語コミュニケーションが占める割合は90パーセントにものぼります。

 

非言語コミュニケーションの最大の特徴は、「五感を使っている」という事です。

 

目の前にいる人のちょっとした表情の変化や、話口調の違いから、即座に相手の感情を読み取ることが出来るのも、五感を使っているからに他なりません。

 

言語コミュニケーションと比べると、より多くの情報を相手に与えることができますので、スムーズなコミュニケーションのやりとりが可能になります。

 

メラビアンの法則を正しく知るために知っておきたいこと

広く認知されるようになってきたメラビアンの法則ですが、実は間違って解釈されている場合もあるのです。

 

正しく知るために、ぜひとも行っておきたいことをご紹介しておきます。

 

メラビアンの実験

メラビアンの実験が誕生したいきさつは次の通りです。

 

話し手が、「外見」「話し方」「話しの内容」について、矛盾した内容を口にしているとき、その聞き手となる対象は、どの情報を優先するのか?という疑問が生まれたからです。

 

わかりやすく言うと、話し手がものすごく悲しそうな表情をしているのに、「とってもうれしい」なんて言葉を発していたとしたら、表情と言葉が明らかに矛盾していますよね?

 

こういったときに、相手はどのように受け止めるのだろうか?という前提のもとに、実験が行われたわけです。

 

 

対人関係の壁

相手を受け入れる前に4つの壁が存在し、これは対人関係の壁とも呼ばれています。

 

 

第1の壁 外見(表情や、髪型、服装など)

 

真っ先に判断されるのが外見です。「ボロは着てても心は錦」という言葉もありますが、いくら人間性がよくても初対面だと相手に受け入れてもらうのは困難になります。

 

 

第2の壁 態度(立ち方、椅子の座り方など)

 

例えば、猫背でトボトボと歩いているビジネスマンからは、全く覇気が感じられません。

 

逆に背筋を伸ばして颯爽と歩くビジネスマンは、それだけでも仕事ができるように見えます。

 

 

第3の壁 話し方(声の大きさ、言葉づかいなど)

 

初対面にも関わらず、言葉づかいが悪いのは問題外です。

 

人によっては、2度とあってくれなくなる可能性もあります。

 

 

第4の壁 話しの内容(話しの構成など)

 

自分よがりの内容になっていませんか?

 

内容はきちんと伝わっているでしょうか。

 

つまり、人は相手と話しをする前に、相手を判断してしまうのです。

 

スポンサーリンク