イエスアンド話法

イエスアンド話法は接続詞の使い方がカギ

スポンサードリンク

イエスアンド話法は、クッション話法とセットになってよく使われます。

 

まずは、相手の反論や反対を受け入れ(クッション話法)、そしてあなたが次に話す言葉の接続詞としてイエスアンド話法があるのです。

 

イエスアンド話法の具体的な接続詞としては、「実は」、「そして」、「したがいまして」です。

 

例題でみてみましょう。

 

「おたくのネット回線は他社に比べると高いですよ。」

 

セールスマン「はい。確かに他社さんに比べると高くなっております。しかし、年間のランニングコストをとても安く抑えることができるのです。」

 

いかがでしょうか。

 

何だかお客さんの話しはセールスマンに受け入れてもらえなかった感じがしませんか?

 

それでは接続詞を変えてみましょう。

 

 

「おたくのネット回線は他社に比べると高いですよ。」

 

セールスマン「はい。確かに他社さんに比べると高くなっております。実は、年間のランニングコストをとても安く抑えることができるのです。」

 

いかがでしょうか。

 

文法上、少し違和感を感じるかもしれませんが、実際に話してみると意外と気にならないものです。

 

接続詞に「しかし」を用いるイエスバット話法というものもあるのですが、これだと「しかし」という否定のインパクトが強く、残るのは後味の悪さだけです。(2017年3月31日更新)

 

スポンサードリンク