フット・イン・ザ・ドア

フット・イン・ザ・ドアを使えば、次の要求にも応じてくれるかも…

スポンサードリンク

フット・イン・ザ・ドアは、「小さな依頼から大きな(本来の)依頼」に繋げるテクニックです。

 

2段階要請法というもので、相手に対し1回で提案をするのではなく、その言葉どおり2回に分けて提案をする方法です

 

これは、人は一度要求に応じると、次の要求にも応じやすくなるという心理をつかったものです。

 

ドア・イン・ザ・フェイスは「大きな要求から小さな要求(本来の目的)」ですが、フット・イン・ザ・ドアはその逆で、「小さな要求から大きな要求(小さな要求)」という流れです。

 

例えば…

 

「お願いがあるんだけど、帰りにクリーニング屋に寄ってきてくれない?」

 

「うん、分かった。いいよ。」

 

「ついでに、今晩の夕食も買ってきてもらっていいかな?」

 

さて、実はこれでさんは今晩の夕食の買出しを断りづらくなってしまいました。

 

最初の依頼については、受けるも断るも相手の自由です。

 

しかし、2番目の要求についての自由は奪われてしまいます。

 

なぜかというと、人は一貫性のある人間と思われたいという特性が働いてしまい、断りづらい強制力を感じてしまうのです。

 

さんは最初のお願いを引き受けてしまったことで、2番目の依頼を断りづらくなってしまったのです。

 

スポンサードリンク