ランチョンテクニック

美味しいものを食べながら交渉するだけでOK?ランチョンテクニックとは…

スポンサードリンク

心理学者のグレゴリー・ラズランが研究し、明らかにしたものにランチョンテクニックというものがあります。

 

ランチョンテクニックは、飲食をしながら相手と交渉する手法で、おいしい食事や楽しい時間が話しの内容にポジティブに結びつくというものです。

 

簡単にいうと、食事中に聞いた話しや、その時にいた人のことを好きになるようです。

 

政治や経済の世界でも、ランチョンテクニックが使われることが多いのは、その効果が十分に認識されているからです。

 

料理や雰囲気を楽しみたいという思いから食事中は対立を避けようとするため、要望や交渉事が受け入れられる確率が上がります。

 

おいしいものを食べると、心地よい感情「快楽」が生まれます。

 

そして、食事中に聞いた話は、「快楽」と結びつきます。

 

これは、「連合の原理」というもので、おいしい食事をしていたときの場面を思い返すと、心地よい体験がよみがえるので、そのときの話題や話し相手に対する好意度が高まるというわけです。(2017年4月19日更新)

 

スポンサードリンク