解放性の法則

解放性の法則が働けば、もっと親密な関係になれる

スポンサードリンク

親しみを感じてもらう方法に、解放性の法則というものがあります。

 

解放性の法則は、人のプライベートな側面に触れた時に、親しみを感じるという特性をつかったものです。

 

とても怖いと思っていた人が、家族にはとても優しく接していたりすると、とたんに親近感が湧きませんか?

 

私の知人の話しですが、知人が働いていた会社にとても厳しい上司がいました。

 

毎日のようにどなられるのが嫌になり、会社を辞めることを考えていた時の話しです。

 

ある日、上司の携帯の待ちうけ画面がふいに目に留まり、そこには小さな娘さんの写真が写っていたそうです。

 

そのことに触れると、娘さんのことを笑顔でとても幸せそうに話してきたそうです。

 

彼はだんだんと上司に親しみが湧き、それまでの嫌いだった感情が無くなってしまいました。

 

偶然ではありますが、この法則が上司と部下の信頼関係の構築に役に立ったといえそうです。

 

ポイントとして、自分の内面を見せるときには、適度に抑えることが大切です。

 

軽い悩み程度がちょうど良いでしょう。

 

ただし、自慢話を聞いて喜ぶ人はいないので、決して自慢話をしてはいけません。(2017年1月14日更新)

 

スポンサードリンク