3大欲求

3大欲求を尊重すれば、誰からも愛される存在になれるかも

スポンサードリンク

ウィル・シュッツという心理学者が、人の自尊心の3大欲求というものを唱えました。

 

3大欲求とは、人には好かれたいという「好感」、大事な存在として認めて欲しい「重要感」、的確な意思決定と行動ができるようになりたいという「有能感」の、3つです。

 

プライドや自惚れなどと同一視されることが多いのですが、これらの感情とは異なります。

 

自尊心とは、自分の存在や、その在り様を大事に思うことです。

 

相手との話しを途中でさえぎったりしていませんか?

 

もしかしたら、「あなたの話しは聞く価値がない」と受け取られているかもしれません。

 

「でも…。」と、つい否定してしまったりしていませんか?

 

「あなたの言っていることは間違っている」と言っているのと同じですよね。

 

ムスッとした顔で接していませんか?

 

「あなたのことが嫌いです」と思われても仕方ありません。

 

逆にいえば、これらの感情を尊重して人間関係を築いていけば、きっと誰からも愛される存在になれるでしょう。(2017年1月31日更新)

 

スポンサードリンク