名前

名前を呼びすぎないくらいが丁度いい

スポンサードリンク

親近感を持ってもらうためには、できるだけ相手のことを名前で呼ぶ方が良さそうな気もしますが、実は、常にそうとも限りません。

 

確かに、自分の名前をすぐに覚えてもらうととても嬉しいものですし、逆になかなか名前を覚えてもらえなかったり、間違えられたりするといい気持ちはしません。

 

では、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

 

名前を呼ぶときは「呼びすぎないこと」です。

 

例えば…

 

「17時に駅前で待ち合わせしましょう。」を名前を付けて呼んでみましょう。

 

「○○さん、17時に駅前で待ち合わせしましょう。」

 

「17時に待ち合わせしましょう。○○さん。駅前で。」

 

これは、、どちらともちょうど良い使い方です。

 

逆に良くない例はどうでしょうか。

 

「○○さん、17時に待ち合わせしましょう。○○さん、駅前でいいですか?○○さん。」

 

これでははあまりにも不自然で、もし初対面同士ならば作為的なものを感じます。

 

そう思われた瞬間に、相手との信頼関係は崩れてしまいますので、名前を過度に呼ぶのは控えましょう。(2017年3月26日更新)

 

スポンサードリンク