ペーシング

ペーシングを使って心理的バリアーを取り除く

スポンサードリンク

信頼関係を構築するテクニックの一つにペーシングというものがあります。

 

ペーシングは、相手との類似点を意識的に創り上げる事によって、心理的バリアーを取り除けるテクニックです。

 

ペーシングを使うと、初対面の人と会った時でも「昔からの知人」のように感じてもらうことができます。

 

大きく分けると次のようになります。

 

言葉や話し方

トーン・リズム・スピード・抑揚など

 

ムード

感情・テンション・雰囲気など

 

ボディーランゲッジ

表情・態度・服装・身振りなど

 

 

例えば…

 

「夏といえば、やっぱりビールですよね。」

 

「そうですね。夏のビールは最高ですよね。」

 

例えば…

 

「寒いのが苦手なので、冬はつらいんですよね。」

 

「ええ、私も寒がりなので、冬は苦手です。」

 

例えば…

 

相手の姿勢や動きに合わせる

 

足をくむ・テーブルの上で手をくむ・胸をはる・歩くスピードなど

 

 

逆に相手に全く合わせないことを「ディスペーシング」といいます。

 

ディスペーシングだと、信頼関係を築くのは難しくなります。

 

ペーシングの効果をみるには、今度は自分の方から違う動きや姿勢をとってみて下さい。

 

相手もそれにつられるようであれば、十分に効き目があったと思って間違いありません。(2017年4月6日更新)

 

スポンサードリンク